ホワイトペーパー

($SPANK) SPANKCHAINホワイトペーパー日本語要約

SPANKCHAINのWP日本語要約


概要

 SankChainはイーサリウムネットワーク上に作られ、暗号経済を基盤にしたアダルトエンターテインメント・エコシステムです。スパンクチェーンのエコシステムは、スパンクチェーン・コア、スパンクチェーン・サービス、スパンクチェーン・アプリケーションの3層から成っています。それぞれ見ていきましょう。

スパンクチェーン・コア 

コアは、スマートコントラクトと定礎的な機能を担う階層です。主に、ストリーミングや静的コンテンツ提供における、ユーザープロフィールのシステムや支払いのシステムを司ります。

スパンクチェーン・サービス

サービスは、一連の補助的なサービス機能を担う階層です。そのサービスというのは、チャンネルのハブや年齢認証、ライブ配信、広告ネットワーク、アフィリエイトネットワーク、インデックス化と検索機能、インターフェースなど、コア上の機能に補助的な機能を追加するものです。

スパンクチェーン・アプリケーション

アプリケーションは、コアの上層に存在し、コア活用を担う階層です。スパンクチェーン運営は、初動のアプリケーションとしてライブ配信サービスサイトである「Spank Chain」を立ち上げる予定だそうです。以下より詳細の説明です。

ライブ配信サイト「SpankChain」の概要

 SpankChain ​utilizes ​a ​multi-token ​economic ​model, ​beginning ​with ​the ​SPANK ​token. SPANK ​is ​a ​staking ​token ​which ​can ​be ​utilized ​to ​mint ​alternative ​tokens, ​offering ​specific payment ​and ​governance ​rights ​throughout ​the ​SpankChain ​ecosystem. ​

 この文面は重要ですね。SpankChainは複数トークンにとる経済モデルを採るという旨です。具体的には、$SPANKはステーキングのためのトークンで、他のトークンを生成したり、特定の支払いシステムや、SpankChainのエコシステムにおける管理権を提供する模様です。つまり、今後開発が進むにつれ、何らかのサブトークンの発行が行われるということですね。また、SPANKトークンの上限発行数は10億SPANKだそうです。トークンの利用に関してはWPの本論でも触れられています。それが以下。

 ​SpankChain ​will ​develop ​a ​staking ​contract ​called ​the SpankBank ​which ​will ​allow ​SPANK ​holders ​to ​lock ​down ​their ​SPANK ​tokens ​to ​generate BOOTY ​tokens, ​which ​are ​redeemable ​for ​$1 ​in ​SpankChain ​infrastructure ​fees. ​While viewers ​will ​be ​able ​to ​pay ​models ​in ​ETH ​or ​any ​ERC20 ​token ​that ​models ​accept; performers ​and platform ​businesses ​can ​pay ​their ​SpankChain ​fees ​(payment ​channel hubs, ​live ​video, ​etc.) ​in ​BOOTY.

 まず書かれているのが、SpankBankというステーキングコントラクトです。上記によれば、SpankBankにSPANKトークンをロックダウンすることで、SpankChain上の手数料1$の決済に使用できるBOOTYトークンを発行することができる模様。WP内で触れられていますが、このロックダウンはその名の通り預入して取引できない状態です。サイト閲覧者は、モデルにETHやそのモデルが許容するERC20トークンでも利用料を支払うことが可能だが、出演者やプラットフォームの企業はSpankChainの利用料をBOOTYで支払うことができる、という旨が書かれています。つまり、一般利用者はETH、ERC20、BOOTYで決済が、提供者側はBOOTYで利用料を支払う、という仕組みのようです。コンテンツの提供側は、利用料決済に大量のBOOTYを使用せざるを得ないため、相対的に利用者側で発行されるBOOTYの価値が上がり、利用料を支払いやすくなるといった文脈でしょうか。どちらにせよ、SPANKをステーキングすることで発行されるBOOTYには付加価値が付くということですね!ちなみに、一般利用者もBOOTY支払いにするとBOOTYの価値が暴騰するため、その形は避けたとのこと。

BOOTYトークンの発行について

BOOTYトークンについては以下の記述を参照します。

​The ​exact amount ​of ​BOOTY ​generated ​by ​the ​locking ​transaction ​is ​known ​prior ​to ​the ​users ​decision to ​lock ​down ​the ​SPANK ​tokens. ​This ​number ​is ​determined ​algorithmically ​and implemented ​by ​a ​smart ​contract. ​The ​algorithm ​adjusts ​the ​BOOTY ​emission ​rate constantly ​to ​create ​the ​right ​amount ​to ​maintain ​the ​total ​at ​20 times ​the ​average ​monthly BOOTY ​use. ​Consequently, ​when ​the ​use ​of ​the ​platform ​grows, ​the ​amount ​of ​BOOTY generated ​per ​SPANK ​grows ​along ​with ​it. (中略) ​The ​lockdown ​period ​can ​be ​chosen ​by ​the ​user with ​options ​ranging ​from ​one ​month ​to ​twelve ​months. ​30%(*) ​of ​the ​new ​BOOTY ​is  generated ​immediately, ​and ​the ​rest ​is ​generated ​continuously ​over ​the ​locking ​period. Longer ​lock ​down ​periods ​receive ​a ​slightly ​higher ​BOOTY/time ​ratio.

 見ていきましょう。まず要約すると、BOOTYトークンの発行数はスマートコントラクトによって調整されることと、SPANKロックダウンの期間は選択可能で、ロックダウン期間が長いほどBOOTY発行数が多くなるといった旨です。トークン発行数は、基本的に月平均BOOTY利用量の20倍の発行量になるよう調整される模様。インフレ対策ですね。ロックダウン期間は1か月~12か月から選択でき、ロックダウン決定時に即時30%が付与され、残り70%がロックダウン期間中に徐々に付与されるとのこと。システムの説明なのでなるほどな~という感じです。

Proof-of-Spank

ライブ配信サイトの「SpankChain」には、未成年出演者対策のため、独自システムであるProof-of-Spankが導入されるようです。ただこいつがかなり厄介な謎システムです。以下原文。

​Every ​10 ​minutes, ​one ​performer ​doing ​a ​live ​public ​show ​will ​be selected ​at ​random ​for ​spanking. ​Using ​a ​source ​of ​randomness ​(e.g. ​a ​recent ​blockhash) the ​performer ​will ​be ​presented ​with ​four ​numbers ​between ​1-20, ​recite ​all ​four, ​pick ​one, and ​then ​spank ​themselves ​live ​that ​many ​times. ​Everyone ​staking ​SPANK ​on ​the SpankBank ​contract ​will ​have ​the ​opportunity ​to ​participate ​in ​a ​token ​vote ​on ​whether ​the current ​performer ​matches ​their ​profile—if ​they ​vote ​that ​the ​performer ​is ​actually ​an imposter, ​the ​performer’s ​account ​will ​be ​revoked.

システムの解説なのでそのまま翻訳すると、「10分ごとに、公にライブ配信を行う配信者の中から、ランダムに一人がSpanking対象に選ばれます。選ばれた配信者には、乱数を用い(直近のブロックハッシュなど)、1-20の中から4つの番号が表示されます。配信者は4つすべての数字を覚え、その中からひとつを選んだら、選んだ数字の示す分だけライブで自身のお尻を叩きます。SpankBankコントラクトにステークするすべてのホルダーは、現在の出演者がプロフィールと合致するかどうかトークンで投票する機会が与えられます。そこで、配信者がプロフィールと合致しない替え玉であるという投票結果が出た場合は、当該配信者のアカウントが無効になります。」

さらっと書きましたが、乱数のあたりから謎の暗雲が…spankが動詞で「尻を叩く」なのでこのようにしか訳出できません…というかたぶん本当に訳出通りのシステムでしょう(呆れ)。素直に大草原です。尻を叩くのはわかりましたが、何のための数字表示だったのでしょうか?残り3つは?憶測ですが、Proof-of-Spankのシステムについては考えたものの、予定は未定状態でしょうか。確かに、替え玉として未成年者がアダルトコンテンツに出演するのを禁止するためにステーキングホルダーを利用する流れまでは良案だと思います。が、それ以降はアップデート待ちですね…報告を待ちましょう。システムについては現在問い合わせているので、判明次第ご報告します!

SPANKCHAINは有望な通貨

 以上、WPの一部を抜粋しながらご紹介してきましたが、SPANKCHAINはプロダクトありきの仮想通貨です。直近では、アダルトビデオを取り扱うアメリカ最大級の業界紙『AVN』とコラボし、有名AV女優のデモストリーミング配信をしたりと、ポルノ業界の主要な会社を巻き込んだ形で開発が進んでいます。ポルノ市場そもそもの規模がおよそ970億円ほどですので、今後の成長に期待です!

SpankChainはCryptopiaで購入できます!登録していない方は以下のバナーから登録して購入してください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 仮想通貨

    「シェアリングマスターノード」とは

    今回は「シェアリングマスターノード」についてのお話です!マスターノード…

  2. プロダクト

    新世代型広告ブロックブラウザ「Brave」レビュー

    こんにちは!クリプトキツネくんです。本日は、新世代ブラウザ「Bra…

  3. ICO

    【ICO】ブロックチェーンダイヤモンド投資「CEDEX」とは

    こんにちは~、クリプトキツネくんです!今回は前々からプレセール参加を考…

  4. ICO

    【ICO】シェアリングMNプラットフォーム「APIS」

    こんにちは!クリプトキツネくんです。「APIS」のICO確定情報が…

  5. ICO

    ($TPAY) TOKENPAYのトークン配布について

    TPAYトークン配布の確認事項TPAY ダッシ…

  6. googleプラグイン

    【注意喚起】Googleプラグイン「仮想通貨詐欺サイトチェッカ―」

    【2018/05/03 追記: 重要】クリプトカエル氏が作成した「…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事


bitbank.cc 新規口座開設
PAGE TOP