仮想通貨

「シェアリングマスターノード」とは

今回は「シェアリングマスターノード」についてのお話です!マスターノードの敷居がどんどん高くなっている現状を踏まえると、2018年はこの単語が広まるとキツネくんは確信しています!(どうやらシェアリングマスターノードという日本語を使ったのはPAC要約をしたクリプトキツネくんが初の模様…) というわけで、さっそく復習も含めながら解説行きましょう!

そもそも「マスターノード(MN)」とは

マスターノードとは、「トランザクションやプラットフォーム機能といった特定暗号通貨ネットワークの連続性を担保する「サーバー」の役割を果たすノード」のことです。難しいですね!語弊を恐れずより噛み砕いて言うと「通貨ネットワークを保証する最高位の権限」です。マスターノードは基本的に、その通貨の全てのブロックチェーンをリアルタイムで記録しており、ブロックチェーン上の取引の承認を行ったりします。ここまでは通常ノードが行うPoSとほぼ同義なのですが、これに加えてガバナンス機能や、ブロックチェーンをさらに強化する役割を担うのがマスターノードです。

例えば、マスターノードをはじめに導入したDASHでは、MNにはガバナンス機能やプロポーザルの投票権が与えられたりしています。他にも、Triggerではハッシュパワーをサイドチェーンに提供することでサブトークンを提携企業から貰えたりするなど、通貨によってそれぞれ役割が違いますが、マスターノードはそのネットワークで一番信頼されたノードであることに違いはありません。

仕組みが分かったところで、なぜそんなにマスターノードが人気なのでしょうか。皆さん承知の通り、マスターノード権限がある投資家は、MN必要分の通貨をロックアップすることで、いわゆる「報酬」を享受することができるんです!報酬とは名ばかりで、実質的には株式で言う「配当」です。配当額が大きければ不労所得も夢ではないですよね!なにせ通貨をロックアップしてるだけで渾々と配当が湧いてくるわけですから!マスターノードが人気の理由がよくわかります。クリプトキツネくんもTRIGのマスターノード分は保有していますよ!購入はBinanceから!(ダイレクトマーケティング)

ポイント
  • マスターノードとは「通貨ネットワークを担保する最高位の権限」
  • マスターノードには「配当」が与えられる

 

マスターノード権限の条件

それは、「一定量の通貨保有」です。単純明快!実際に銘柄ごとに見ていきましょう。
DASH: 1000DASH
Trigger: 1500TRIG
新PAC: 500000PAC
XP: 50000000XP
要求量は通貨によってまちまちですが、各MNに必要な金額は、現2018年2月12日時点でDASH=約6500万円、TRIG=約30万円、PAC=約150万円、XP=約475万円と超高額(TRIGはポテンシャルの割に格安!) 安価で仕入れることができた先駆者はいいですが、新規参入者には敷居が高いですよね。また、DASHには24時間体制のノード(1時間以上ネットワーク接続が切れない)であるという条件があったりと、配当ありきとはいえどMN権限を得るためにはかなりの代償が必要になるわけです。かなりしんどいですね…。DASHに関しては6500万円と安定したノードを用意しろとかもう要求水準が企業レベルです。しかも暗号通貨市場の拡大を考慮するとここからどんどん高くなるわけですよ!そこで、この現状をどうにかしてくれるのがタイトルになっている「シェアリングマスターノード」というわけです。

「シェアリングマスターノード」

「シェアリングマスターノード」とは読んで字のごとく、マスターノード権限を共有するという概念です。例えば、クリプトキツネくんがDASHのマスターノードを建てたいとしましょう。しかし、キツネくんのウォレット残高はフィアットで500万円、どう転んでも6500万円相当のDASHは集められません!困った!しかし、シェアリングマスターノードを他の人と組めば、キツネくんは念願のMNを共同とはいえ建てることができます。

より具体的には、MN分のDASHをひとつのプールにまとめて建て、配当を投資額の割合に応じて(この場合キツネくんは500万円を投資しているので全体の13分の1、およそ7.7%)配当を受け取る方式を採れば、少額でも念願の不労所得の達成です!「MNを共有して建て、そこから得られる報酬を投資割合に応じて分配する」というのがシェアリングマスターノードの基本的なスタンスなのです。

ポイント
  • シェアリングマスターノードとは、「マスターノードを複数の投資家が共同で建てる」というコンセプト
  • 「配当」は、投資額に応じて山分けされるので少額でも参加ができる

 

さて、シェアリングマスターノードの構造はわかりましたが、一体どうやってMN分の通貨やトークンをプールするのでしょうか。仲のいい投資家複数でMNを建ててもいいですが、そんな環境にいる人なんて一握り、一般人には手が届かないですよね。ましてや、DASHなんかはノードの条件も厳しいですし、高スペックなパソコンを用意して適切な動作環境を用意する必要があります。うーん、面倒くさい。そこで、キツネくんが注目しているのが「APIS」というプロジェクト。まだプレセールすら始まっていませんが、実現すれば革命的にMNへの敷居が低くなるので期待大です!

シェアリングマスターノードプラットフォーム「APIS」

APIS(Advanced Property Investment System)

APIS(Advanced Property Investment System)は、「マスターノードを仲介するプラットフォームの構築」を標榜しています。コンセプトは先ほど説明したように、「各投資家の保有通貨を募ってシェアリングマスターノードを建て、投資額に応じてMN報酬を分配する」というもの。まさにキツネくんが求めていたもの!さらに、APISはマスターノードを建てるときにVPNを自動生成して、そのMNに必要なソフトウェアを用意してくれます。つまり、DASHのようなノード条件があったとしても、APIS財団が代行してノードを建ててくれるという寸法なんです。APISのプラットフォーム自体はブロックチェーンに載っているので、透明性や安全性は確保されていますし、財団のサーバーは各国に分散されているのでサイバーテロに対しても強い!少額投資家でもAPISを利用すれば、MN報酬に手が届くというわけです。革新的ですね!参考までにWP要約と、原本のURLを記載しておきます。WPはこちら。登録はこちらからどうぞ!

 
03/01/2018 追記

APIS公式にてICO登録とKYC(本人確認)がスタートしています!

ICO開始は日本時間で3月4日PM6:00からです。ICOは自己責任ですが、ご興味のある方はぜひ購入検討してくださいね。

なお、APISは現在プライベートセールが終了し、プレセールに向けて登録者募集中です。公式HPから登録できますので、気になった方は早めにどうぞ!

まとめ

MN通貨は続々と増えているので、シェアリングマスターノードは流行らざるを得ないですね。それと同時に、やはり先駆者利益は凄まじいものだと痛感させられます。TRIGも春からマスターノードが始動しますし、今後もMNの動向には注視していきたいところ。クリプトキツネくんもAPISのプレセールには参加しようと考えています!進捗があればまたご報告します~!仮想通貨ブログランキングはじめましたので、バナークリック応援よろしくお願いしますね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 仮想通貨

    「仮想通貨」徹底解説

     みなさんこんにちは、クリプトキツネくんです。今回は仮想通貨初心者…

  2. googleプラグイン

    【注意喚起】Googleプラグイン「仮想通貨詐欺サイトチェッカ―」

    【2018/05/03 追記: 重要】クリプトカエル氏が作成した「…

  3. ホワイトペーパー

    ($TRIG) TRIGGER ホワイトペーパー日本語要約

    TRIGGERのWP日本語要約概要 今回のWP(ホワイトペ…

  4. プロダクト

    新世代型広告ブロックブラウザ「Brave」レビュー

    こんにちは!クリプトキツネくんです。本日は、新世代ブラウザ「Bra…

  5. ICO

    【ICO】シェアリングMNプラットフォーム「APIS」

    こんにちは!クリプトキツネくんです。「APIS」のICO確定情報が…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事


bitbank.cc 新規口座開設
PAGE TOP