仮想通貨

「仮想通貨」徹底解説

 

みなさんこんにちは、クリプトキツネくんです。今回は仮想通貨初心者向け記事第1弾です!今更聞けない仮想通貨について、根本的に見ていきましょう。特に「仮想通貨って結局何?」「怪しい」と思っている方必見です!それでは早速参りましょう。

「仮想通貨」は誤訳!

まずは基本中の基本の単語「仮想通貨」について解説します。

初めて仮想通貨に触れる方が典型的に抱く疑問が「結局、仮想通貨って何?」「『仮想』だし危なそう…。」といったものです。クリプトキツネくんもこれには同意します。全くもってその通りなんです。なぜなら、実はこの「仮想通貨」という単語は「誤訳」なんです!かなしい!

もちろんこのような訳を採用しているのは日本だけ。(グローバルスタンダードとは何だったのでしょうか…)

英語では「Cryptocurrency」つまり暗号通貨というのが正しい訳出です。まあ、そもそもこの通貨というのがすでに、実態を解りづらいものにするナンセンスな表現なんですが… 

仮想通貨もとい暗号通貨とは、「暗号化された資産(価値)」のことです。ブロックチェーンという技術を用いて、ある特定の資産や価値、さらにはプラットフォームを暗号化することで、世界中の人が安全にアクセスできるようにしたものの総称が暗号通貨というわけです。

例えば有名な「ビットコイン(BTC)」はブロックチェーンに搭載された「通貨」です。一方で、その次に市場規模が大きい「イーサリアム(ETH)」はブロックチェーンに搭載された「プラットフォーム」です。イーサリアムは言うなればAppStoreのようなもので、dAppというアプリケーションが次々に登場しています。つまり、語弊を恐れず簡単に言えば、取引所でイーサリアムを取引することは、「プラットフォームの利用権利を売買」しているということになります。

つまり、世間で言うような「仮想通貨」の実態は「仮想」でもなく、ものによっては「通貨」でさえないのです!名称からは想像できないですよね!

ポイント
  • 仮想通貨は「誤訳」
  • その本質は、「暗号化された資産(価値)」

 

第4次産業革命「ブロックチェーン」

さて、仮想通貨の定義が分かったところで、その核心的な部分を担う「ブロックチェーン」を簡単に解説しましょう!

ブロックチェーンとは一言で言うと「分散化された台帳システム」です。…いや解り辛いですね!これでもかなり簡単に表現した方なのですが、とりあえず押さえておいて欲しいのは、インターネットに次ぐ…いや、それを凌ぐと言っても過言では無い大発明ということです。

コンセプトが新しいので、少しずつ噛み砕いて説明します。まずブロックチェーンを知る上でキーとなるのが「分散化」という単語です。一方で、対義語は「中央集権型」になるのは分かるでしょうか。なぜ、ブロックチェーンが凄いのかというと、それは「管理者がいない」から凄いのです。ビットコインとイーサリアムを例にして考えてみましょう。

「ビットコイン(BTC)」の場合

まず「ビットコイン」は先程述べたようにブロックチェーン上にある「通貨」です。一般的な通貨、例えば円(JPY)は日本銀行が発行していますよね。厳密に言えば硬貨は財務省、紙幣は日本銀行券というように日本銀行が発行しています。どちらにせよ円(JPY)の全体的なコントロールは「ある特定の管理者」が総括して行なっているわけです。しかしビットコインはどうでしょうか?驚くべきことに、ビットコインを管理している人間は世界中のどこにもいないんです!すごいですよね。管理者(中央銀行)が不在なのに通貨として機能する、これを可能にさせるのがブロックチェーンの真価なんです。

「イーサリアム(ETH)」の場合

もう一例「イーサリアム」で考えてみましょう。イーサリアムはブロックチェーン上に存在する「プラットフォーム」ということは先程述べましたよね。一般的なプラットフォーム、ここではAppleを例に比較してみましょう。AppStoreというプラットフォームでは、アプリケーションが総括してApple社の管理下にあります。アプリ自体の情報や、アプリ開発者の情報、さらには利用者の個人情報、全てがApple社の人質なわけです。普段意識しないけど割と怖い!しかしながら、イーサリアムというプラットフォームを管理している企業はありません。イーサリアムにおける利用者情報をひとつの企業が全て牛耳るようなことは不可能なんです。これもビットコインと同じように、管理者が不在なのにプラットフォームとして機能している具体的な例なんです。どうですか?ブロックチェーンの凄さがちょっとずつ分かってきたでしょうか。

ポイント
  • ブロックチェーンとは「分散化された台帳システム」
  • ブロックチェーンには「ある特定の管理者」がいない

 

さて、ブロックチェーン上の通貨やプラットフォームにある特定の管理者がいないことは分かりました。しかし、管理者がいないのにどうしてこれらが成り立っているのでしょうか? それを解き明かすヒントが先に述べた「分散化」です。

「分散化」されたネットワーク

「分散化」とは読んで字のごとく「分散された」という意味です。「ある特定の管理者がいない」というのが分散化のコンセプトです。しかし、「管理者」はいなくても「監視者」がいるのが分散化のポイント。つまり、世界中の不特定多数の人が相互に監視しあって成り立っているのがブロックチェーンなんです!ユーザー同士が相互に監視し合うことで、不正がなく、透明性が確保されたネットワークが構築されているのです。ちなみにこの構造を「P2P(ピアツーピア)方式」と呼びます。

ポイント
  • ブロックチェーンでは不特定多数の監視者が相互監視する「P2P(ピアツーピア)方式」により、「分散化」が実現している

 

「ブロックチェーン」の特徴

ブロックチェーンが「相互監視」による「P2P方式」に則ったネットワークであるということは理解できたでしょうか。では、実際にどのように相互監視が行われているのかこれもごく簡単に噛み砕いて説明します。

まず、ブロックチェーンの定義を思い出してみてください。「分散化された台帳システム」でしたよね。「分散化」の部分は説明してきた通りです。ここからは、残りの「台帳システム」についてお話しします。

ところでみなさん、そもそも「台帳」って何か分かりますか?電話帳ではありませんよ。台帳です。ちょっと字面は難しそうですが、簡単にいうとノートです。CAMPUSノートで想像してください。

台帳というのは、売買の履歴、つまり「取引を片っ端から記録していく」ことを目的としたノートなんです。ブロックチェーンも同じで、全ての取引(トランザクション)を片っ端から記録していくノートのようなものです。しかも、そのノートはみんなが共有して使う「学級ノート」で、書いたものが皆に見られます。さらに、実際にはその「学級ノート」を全ページコピーしてあるものがクラス全員に配られています。学級ノートのコピーは常に学級ノートと連動しており、クラス全員がいつでも、どこでもノートをチェックしたり書き込んだりできるようになっています。ですから、原本がどれなのかは誰にも分からない、というより全てが原本で、共有して書ける状態、つまり分散化されているわけですね。

よって、ブロックチェーンは「全ての取引が記録」され、その記録が「分散化されている」ことで、「誰もがいつでも監視可能」な状態にあるのです。

ポイント
  • ブロックチェーンは全ての取引が記録される「台帳」
  • 台帳の分散化によって「誰もがいつでも」取引を監視」できる

 

ブロックチェーンは「学級ノート」

じゃあなぜ名前はシンプルに「台帳」じゃないんだ?ということになりますが、実はこの学級ノートはどんどん増刊されるんです。そしてここからが重要。学級ノートのページには、1つ前までを含む全ページの「要約」が書かれているんですつまり、例えば学級ノートが第1巻から第3巻まで書かれていたとして、第3巻の1P目には第1巻と第2巻の全ページのすごく正確な要約がびっしりと書かれているというわけです。

これがミソで、例えば隣のクラスの人間が学級ノート1巻に都合が悪いことを書かれて、書き直そうとしたとしましょう。しかし、学級ノート1巻の特定のページを書き換えるためには、学級ノートの2巻と3巻の全てのページを書き換えなければならないんです。なぜなら、2巻と3巻の全てのページには書き換えたいことの要約が載っているからです。しかも難儀なことに、この要約は「暗号化」されていて、ひとつ書き換えるのにかなりの量の計算が必要なんです。さらに、学級ノートは日々クラス内の人々に共有されて読まれているので、他クラスの人が書き換えようとしようものならすぐに気づかれてしまいます。これでは、ノートを書き換えることはほぼ不可能ですよね。

これがブロックチェーンの名前の由来です。「ブロック」とはつまり「ノート」で、1ブロックには膨大な量の情報が書かれています。ある一定の量を書くと次のブロックへ移ります。この際に次のブロックには以前のブロックの要約が暗号化されて書かれるのです。だからブロックチェーン。全てのブロックは最初に生成されたブロックから脈々と要約を受け継ぎ、あたかもチェーンで繋がれているかのような形態をとっているんです。さらに、このブロックは1秒の間に何個も生成されるので、実際に特定ブロックの取引を改竄しようとするとそれはもう大変な量を全て書き換える必要があるんですね。もちろん要約の暗号を解きながら、です。改竄はほぼ不可能、しかし取引の履歴は該当のブロックを見ればいつでも確認することができる。これがブロックチェーンが「安全」でかつ「透明性がある」理由です。誰にも所有されることなく、しかしながら、確固たる基盤を確立できる。ブロックチェーン、すごいでしょう。少なくともクリプトキツネくんは、このテクノロジーにワクワクを禁じ得ません!

まとめ

さて、ここまで説明してきたことをまとめてみましょう。

「仮想通貨」とは

「仮想通貨」というものの実態は「暗号化された資産(価値)」であり、「ブロックチェーン」という革命的なネットワークによって裏打ちされている。ブロックチェーンとは、「P2P方式」に則ったネットワーク上に確立された「分散化された台帳システム」で、「ある特定の管理者が不在」ながらも、「安全性と透明性」が担保されている。

 

ブロックチェーンに関してはまだまだ細かく論じる必要がありますが、概して言うとこんな感じです。世間では「ビットコイン」自体が新たな技術そのもののように喧伝されたり、勘違いされたりしていますが、ビットコインはあくまでブロックチェーン上のいち通貨。凄いのは仮想通貨ではなく、それを担保する「ブロックチェーン」なんです!今後は、このブロックチェーンによって緩やかに既存の中央集権体制は淘汰されていきます。暗号通貨に投資する際も、その辺りを見極めて「何が本当に残るのか」を念頭におきたいものです。みなさんはどの銘柄が残ると思いますか?ヒントはホワイトペーパーから読み解けるはずです。次回はホワイトペーパーの重要性について書きたいですね。

記事がためになった!という方はバナークリック応援よろしくお願いします~!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. プロダクト

    新世代型広告ブロックブラウザ「Brave」レビュー

    こんにちは!クリプトキツネくんです。本日は、新世代ブラウザ「Bra…

  2. 仮想通貨

    「シェアリングマスターノード」とは

    今回は「シェアリングマスターノード」についてのお話です!マスターノード…

  3. ICO

    ($TPAY) TOKENPAYのトークン配布について

    TPAYトークン配布の確認事項TPAY ダッシ…

  4. ICO

    【ICO】シェアリングMNプラットフォーム「APIS」

    こんにちは!クリプトキツネくんです。「APIS」のICO確定情報が…

  5. ホワイトペーパー

    ($TRIG) TRIGGER ホワイトペーパー日本語要約

    TRIGGERのWP日本語要約概要 今回のWP(ホワイトペ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事


bitbank.cc 新規口座開設
PAGE TOP