ICO

【ICO】シェアリングMNプラットフォーム「APIS」

こんにちは!クリプトキツネくんです。

「APIS」のICO確定情報が出ましたので急遽記事を執筆しています!APISは「シェアリングマスターノード」という2018年注目のコンセプトを実現する革新的な銘柄です。「シェアリングマスターノード」って何?という方は過去記事をご一読ください。

「とりあえず買いたいけどどこで買えばいいんだ!」というせっかちさんはAPIS公式で登録どうぞ。

「APIS(エイピス)」プロジェクト概要

基礎情報
APIS(エイピス) 
公式サイトhttps://apisplatform.io/
公式WPhttps://apisplatform.io/whitepaper.en.pdf
アルゴリズムQTUMスクリプト
総発行量95億APIS
マスターノード権限50000APIS
Telegramhttps://t.me/TheApisplatform
 
公式動画
 

 

「APIS」とは

APIS(Advanced Property Investment System)は、シェアリングマスターノードによるエコシステム樹立を目指すプラットフォームです。

コンセプトは至ってシンプルで、ユーザーが共有プールにMN通貨を保有し合って、保有額に応じた山分けを受けるというもの。MNに手が届かない小口投資家でも分配報酬が受け取れるという画期的なシステムです。DASHをはじめ、「高額」かつ「高負担」なMNが増えている現状、MN保有に億劫になっている方も多いのではないでしょうか?

APISは、マスターノード報酬を分割して配当するプラットフォーム。さらに、MN運用に要求されるノードスペックや専門知識などもAPISプラットフォームが代行するため、「低額」かつ「低負担」でMN報酬を受け取ることができるんです。革新的ですね!

APISコンセプトの図解をしてみました。「MNが小数点単位で保有できる」というのがシェアリングMNの絶対的な強みです。

プラットフォームの機能
 
  • APIS Core(エイピスコア): EVM(イーサリアム仮想マシン)ベースのブロックチェーンプログラムを採用しており、ETHやQtumといった様々なプラットフォームと接続可能。ユーザー情報およびAPISアセットを管理する。
  • Masternode Core(マスターノードコア): Qtumブロックチェーン上で動作する分散型データベース。APISマスターノードのユーザーレポートやシェア、取引履歴を管理する。
  • Masternode Hub(マスターノードハブ): ユーザーが選択したMNに応じたVPSを自動的に構築し、要求される最新のソフトウェア環境を提供するシステム。運営チームが24時間体制でマスターノードハブのソフトウェアを管理する。

 

プラットフォームの中身は概ね上述の通りです。この辺りはWPに詳述されていますのでそちらを確認するのが良いと思われます。Masternode HubがAPISの神髄ですね。この運営チームがどのようにしてプラットフォームと連携するのか注目です。

DDoS攻撃対策

https://gyazo.com/490284f0d948588448a8e0139d527308

APISはDDoS攻撃対策として、ネットワークの分散化を積極的に採用しています。サーバーを各国(日本、アメリカ、ベトナム、シンガポール、イギリス、フランス、ドイツ、オーストラリア、韓国など)に分散することで、サイバーテロ対策を講じている模様。

ただ、現時点ではサーバー拠点がどこまで確立されているのかは明記されていないため、この辺りは運営の追加情報待ちですね…。ハノイ(ベトナム)のサーバー拠点確立は2018Q4であるとロードマップに明記されています。

Mineralシステム

https://gyazo.com/a77dc9c3ed411ad8f829b7a76391b9e8

APISはイーサリアムに代表される既存のGASシステムの煩雑さを克服するため、Mineralシステムというシステムを導入しています。Mineralシステムでは、APISスマートコントラクトや他ウォレットへの送金時にGASではなくMIneralを消費します。Minealを入手する方法は2通り存在します。

Mineralの入手法
  1. APISによる購入: APISでMineralを購入することができる。ただし、MineralでAPISを買い戻すことはできない。
  2. ウォレット分配: APISウォレットの保有APISに比例してMineralが分配される。

 

GASとの相違点は、主に2の機能ですね。確かに、いちいちGASを支払うのは煩雑極まりないので、保有量によって手数料分が無料でもらえるのは大きいと思います。報酬という点ではTRIGのAMMOに似た性格がありますが、MineralはAPISとは交換できないので、完全に手数料用通貨ということになりますね。しかも他人には譲渡できないので完全に自分専用ですね。

Mineralによる受容供給のエコシステムが確立されないので、トランザクションが詰まる場合以外で手数料が急騰したりすることはなさそうです。

(個人的には送金失敗時のミネラル消費を無かったことにしてくれたらもっと嬉しいのですが…)

ロードマップ

https://gyazo.com/e5e1d3fda8869ce6323731e2f23e2692

2018Q1
  • ICOプレセール、クラウドセール
  • プロジェクトチーム人材強化
  • モバイルアプリケーション実装テスト
  • 2つの取引所へのAPIS上場
2018Q2
  • メインネット発表
  • 複数通貨対応ウォレット実装
  • モバイルアプリケーション実装
  • マスターノードコミュニティサポート確立
  • 他取引所への更なるAPIS上場
2018Q3
  • APISブロックチェーンの寸評実施
2018Q4
  • 資産運用オプションの追加
  • アトミックスワップ実装テスト
  • Breezeウォレット、Tumblebit対応テスト
  • ハノイ(ベトナム)サーバー設備の構築

技術面で特に注目するべきなのは、Q2モバイルアプリの実装Q4アトミックスワップ実装テストあたりですね。アトミックスワップについてはWPでかなり具に言及されているので、実装にはかなりの期待感が持てそうです。

また、APISは匿名性をうたっているので、Breezウォレットとも相性はよさそうです。

APIS ICO情報

https://gyazo.com/958e030d1681dc935a1c68e6d45836f1

開始時刻: 2018年3月4日PM6:00(日本時間)

APISのICO(クラウドセール)は17:00(UTC+8) Mar4 2018、つまり日本時間で3月4日午後6:00から開始します。参加方法は、ETH または Qtum での支払いです。開始時刻になると同時にコントラクトアドレスが発表されますので、MEWなどからスマートコントラクトに則って送金する模様です。※ICOは自己責任での投資です。しっかり考察してから検討してくださいね。

参加は「APIS公式」からです。「KYC & Whitelist」というタブから必要情報を入力してください。

https://gyazo.com/1fe7254c85c3fa3dfc7f7573ab2fe38c

KYC(本人確認)

ICO参加には事前にKYC(本人確認)が必須です。前もって登録しておきましょう。なお、KYCにはパスポートまたは免許証、そして、その本人確認書類を持ったセルフィーが必要です。

認証は1時間弱ほどで完了していたので、込み合う前にお早めに済ませることを推奨します。以下のような画面になればKYCは成功です。

https://gyazo.com/e92e64bd14d9f8dd6085204c9ec77694

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 仮想通貨

    「仮想通貨」徹底解説

     みなさんこんにちは、クリプトキツネくんです。今回は仮想通貨初心者…

  2. ICO

    ($TPAY) TOKENPAYのトークン配布について

    TPAYトークン配布の確認事項TPAY ダッシ…

  3. ホワイトペーパー

    ($TRIG) TRIGGER ホワイトペーパー日本語要約

    TRIGGERのWP日本語要約概要 今回のWP(ホワイトペ…

  4. googleプラグイン

    【注意喚起】Googleプラグイン「仮想通貨詐欺サイトチェッカ―」

    【2018/05/03 追記: 重要】クリプトカエル氏が作成した「…

  5. 仮想通貨

    「シェアリングマスターノード」とは

    今回は「シェアリングマスターノード」についてのお話です!マスターノード…

  6. ICO

    【ICO】ブロックチェーンダイヤモンド投資「CEDEX」とは

    こんにちは~、クリプトキツネくんです!今回は前々からプレセール参加を考…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事


bitbank.cc 新規口座開設
PAGE TOP